HOME » AEDで一命をとりとめた男性の体験談

AEDで一命をとりとめた男性の体験談

AEDで一命をとりとめたAさんの画像
※今回インタビューに応えてくれたAさん

「実際にAED(自動体外式除細動器)を使う機会なんてそうそうないだろう」と考えている人は多いでしょう。しかし、いつ何時身近な人にAEDが必要な事態が起こるかわかりません。

その重要性を知るべく、『AED導入丸わかりガイド』編集部は、45歳の時に会社で倒れてAEDで一命をとりとめたという男性(Aさん)にインタビューを実施。当時のお話をうかがいました。AEDを実際に使われる立場になったことで、AED導入に対する考え方や意識に大きな変化があったそうです。

倒れた当時のAさんのプロフィール

AEDで一命をとりとめたAさんのお話

倒れる前のAEDに対する考え方

倒れたのは2009年の7月です。実際に自分が倒れるまで、私はAEDの実用性をまるで理解していませんでした。当時は総務部の役職にあり、会社としてAED講習会の受付窓口になっていたのですが、講習会参加に対して消極的でしたね。「会社の義務として部下を参加させなければ」という感覚しかなく、まさか自分が使われる側になるとも思っていませんでした。参加枠が各会社から2名というのもあって、自分が講習会に参加することはまったく考えていなかったです。

当時AEDに関して把握していた情報と言えば、ビル内のどこにあるか程度です。

見落とされた前兆

AEDで一命をとりとめたAさんの画像
※今回インタビューに応えてくれたAさん

倒れる前に不調を感じ、総合病院で検査を受けたことがあります。倒れる半年ぐらい前で、そのときの診断は「パニック障害」でした。今考えると心室細動が起きていない状態で、めまいや吐き気だけといったよくある症状だったし、倒れたわけでもなかったのでそう診断されたのでしょう。ストレスの軽減やたばこの本数を減らすといったアドバイスのみで、処方はとくにありませんでした。パニック障害についてネットで調べましたが、自分にあてはまるのかどうかわからないまま。医者に言われたのでひとまず静観で良いだろうと思っていたんです。その後倒れるまでの間に2~3回気分が悪くなることがあって、そのたび休めば回復。なので自分でも心臓が危険信号を発しているなんて思いもしませんでした。きっと家族もそうだったと思います。

落ちていく意識

当日は普段通りに起きて出社しました。その日は朝から会議があったので、普段よりは多少緊張していたかもしれません。会議が始まってしばらくしたら気分が悪くなってきたので、「いつもみたいに休めばよくなる」と思い、一時中座して自席で休憩していました。スタッフの勧めもあって、しばらく休んだら病院に行くつもりでしたが気分の悪さは治まらず。「自力では行けないから救急車を呼んでほしい」と部下に依頼しました。救急車のサイレンの音が聞こえてきたので、「みんなに心配をかけまい」と部下に支えられながらも部屋から歩いて出ました。ここまではしっかり覚えているのですが、その後視界が一気に暗くなったんです。部下は「崩れ落ちるようにとはこのことか…と思うくらい急に倒れた」と言っていました。

AEDを使用した当時の状況

AEDで一命をとりとめたAさんの画像
※今回インタビューに応えてくれたAさん

倒れたときのことはよく覚えていません。ただ、意識が戻った後に当時立ち会ってくれたスタッフから『救急車にAEDはなかった』と聞いて衝撃を受けました。たまたまなのか、当時はそれが当たり前だったのかわかりません。

当時働いていた会社はビルの上層階にあって、私はそこで倒れました。救急車が到着した後、周りのスタッフがエレベーターで私を運んでくれて、エレベーターを降りようとしたときに心室細動(※1)が起こったそうです。救急車のほうが近いのに、救急隊員からAEDを取りに戻るよう指示されたらしいので、本当に搭載されていなかったんでしょうね。その場にたまたまAEDの講習会に参加した経験のあるスタッフがいて、ビルの2階にAEDがあるのを把握していたのが不幸中の幸いでした。もし講習会経験のあるスタッフがその場に居なかったらとおもうと…おそろしいです。

※1)心臓が痙攣して体内に血液を送れなくなる状態。心肺停止前に起こる

周りは誰もAEDの必要性に気づけなかった

よくテレビで観る心臓発作の場面では、本人も周囲の人も危ない状況をはっきり自覚しているじゃないですか?しかし心室細動の症状は、今でも「ただの不調だ」と思えるほど軽いものでした。その気分の悪さからいきなり、全身麻酔を打たれたかのように意識が飛ぶんです。実際、私が倒れたときはすでに救急車を呼んでいたので、AEDの使用判断は救急隊員がしてくれました。一般人は誰一人として、AEDが必要な状態だとはわからなかったんです。

AEDで一命をとりとめた後の考え方

昔は自分の健康なんてどうでもいいと思っていたけれど、実際にAEDで命拾いをするという体験をしてから考えが変わりました。そもそも、AEDがこんなに有益なものだとは思っていなかったので。今はぜひいろいろな場所に設置してもらって、みんなに使えるようにしてほしいと思っています。

自分が倒れるという経験がなければ、きっと社員を講習会に行かせることすら消極的なままだったと思います。今は講習会がいかに大切かわかったので、毎年定員の2名を必ず参加させています。

倒れた後の日常生活の変化

いろいろな制限が増えました。まず、飛行機に乗れないので出張に行けず仕事に支障があります。喫煙はもちろんできないですし、急に走りだしたり階段を上り下りしたりなど、心臓に急激な負担がかかる行動はすべてアウトなので慎重に行動するようになりました。

『AED導入丸わかりガイド』編集部のコメント

実際にAさんに使用されたAEDの画像
※実際にAさんに使用されたAED

Aさんへのインタビューを通してわかったのは「AEDが必要な状態にあっても、気付ける人が少ない」という事実。心筋梗塞や狭心症であれば強い胸痛を伴うので、本人が自覚してすぐに病院に行くことが可能です。しかし、AEDが有効な心室細動はそれとわかる痛みではなく、めまいや吐き気といった「我慢できる不快症状」が主なサイン。なのでそばにいる人はもちろん、本人ですらその危険性がわからないのです。

「定期的に健康診断を実施しているから大丈夫」「元気な社員ばかりだし、AEDなんて必要はないだろう」と思っている方も油断はできません。なにせ、Aさんも「よくある体調不良」で倒れたのですから。

倒れたあとの処置が遅くなり心静止になったら、もうAEDは使えません。「意識を失って間もなく、まだ心静止までいたっていない」その短時間が救命の分岐点。心室細動の危険性を知り、AEDの使用について理解を深めることが命を救うきっかけになるのです。

1分1秒を争うAEDの使用スピード

Aさんのように急に倒れた人の命を救えるかどうかは、心室細動が起きてからいかに早くAEDを使用できるかにかかっています。生存率は、心室細動が起きてから1分経過するごとに10%ずつ下がるというデータがあるため、大げさではありません。

もしも講習会に参加したスタッフさんが近くにいなかったら。救急車に乗る前ではなく、AEDがない救急車の中で心室細動が起こっていたら…。当編集部のスタッフ一同も、インタビューを通してAED導入や講習会の大切さに改めて気づかされました。

皆さんも明日は我が身ということをお忘れなく。この記事がAEDの大切さを意識するきっかけになれば幸いです。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED無料レンタル
体験レポート