HOME » メーカー別にみるAED値段比較 » CUメディカル

CUメディカル

世界70ヶ国にAEDを輸出するCUメディカル

AEDを専門に製造・販売しているCUメディカルは、韓国に本拠地を置き、世界70ヶ国に製品を輸出しているCU MEDICAL SYSTEMSの日本法人です。

世界で6番目にAEDを開発し、KFDA(韓国食品医薬品安全処)から承認だけでなく、日本のJFDAやアメリカのFDAから販売許可を受けた世界的にも認められた製品を供給しています。

CUメディカルのAED製品情報

[CU-SP1]
CU-SP1の画像
引用元:http://www.japan-cu.com/
m21_view.php?page=1&div=1&idx=24
価格/198,000円(税込)
メーカー希望小価格/340,000円
AED本体、大容量バッテリー、両用電極パッド(成人・小児)、取扱説明書・DVD、AED設置ステッカー、SDカード、SDカードリーダー、キャリングケース、レスキューセット含む
CU-SP1の特徴
JRC(日本版)ガイドライン2015に準拠していて、AEDに求められる機能がオールインワンで全て備わっています。機能面での扱いやすさもユーザーフレンドリー。的確なリズムと音声ガイダンスでサポートしてくれるCPRコーチングにより、突然の事態にも慌てず対処できます。
電極パッドが常に本体に接続されているので、すぐ対応OKです。まわりの騒音にあわせ、音声ガイダンスの音量が自動で大きくなるオートボリュームを装備。成人と小児のモード切替もセーフティガード付なので安心です。バッテリーは使用環境にもよりますが、5年補償となっています。
[IPAD NF1200]
IPADの画像
引用元:http://www.japan-cu.com/
m21_view.php?page=1&div=1&idx=23
価格/181,440円(税込) 
メーカー希望小価格/290,000円
AED本体、バッテリー、電極パッド、取扱説明書・DVD、AED設置ステッカー、キャリングケース、レスキューセット含む
※小児用パッドは別途80,000円
IPAD NF1200の特徴
誰でも簡単に扱える普及タイプのAEDを目指して開発されたIPAD NF1200。
心肺蘇生コーチング機能により1分間に100回以上のリズムでコーチング。救命工程がひと目でわかるリファレンスガイド機能が付いています。
電源ボタンとショックボタンのみのシンプル設計。心電図データは内部に蓄積されます。
IPAD NF1200のなによりの魅力はその価格です。業界でも最安級を誇っていて、それでいて機能面や品質面では高い性能を誇っています。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート