HOME » メーカー別にみるAED価格比較 » 日本光電

日本光電

国内で唯一AED開発を行なう医療用電子機器メーカーの日本光電

医療従事者の間では知らない人がいないくらい有名な日本光電は、医療用の電子機器を開発から販売・レンタル、そしてアフターサービスまでをノンストップで行なっています。

現在3つのAEDをリリース。その他にも定期交換部品やオプション品、AEDトレーニング関連製品などを幅広くラインナップしています。

AEDでは二相性タイプの技術を用い、最適な除細動を行なえます。

早期の電気ショックも可能で、心肺蘇生後、8秒以内で解析・充電完了するようになっています。

日本光電のAED製品情報

[カルジオライフ AED-3100]
カルジオライフ3100
引用元:日本光電公式HP
http://www.nihonkohden.co.jp/
iryo/products/resp_resus/
def/aed3100.html
価格/398,000円(税別)
AED本体、キャリングバッグを含む※バッテリーパック SB-310V:36,000円、使い捨てパッド P-740:9,800円

幅広い現場で使えるAED
日本光電の技術力を結集した国内開発・製造のAEDです。別売りのバッテリーパックは160回相当の除細動ショックまたは約6時間の動作が可能。電極パッドにも工夫が凝らされていて、救急車に搭載されている除細動器にもそのまま引き続き接続できます。
この商品が売りにしているのは、非常に高い防水性、防塵性を備えているので過酷な状況下でも使えること。

シンプル操作で初心者でも安心
心肺蘇生終了後、最短8秒以内で解析・充電が完了するため、より早期の電気ショックをおこなうことができます。フタを開けると自動的に電源がつくので、パッドを胸に貼り付けてボタンを押すだけで電気ショックを与えられます。非常にシンプルな操作なので、一度使い方を覚えると簡単です。また、パッドは成人・小児共通でモードを切り換えるだけで成人と小児どちらも対応できます。
内部メモリに保存された救助データは、パソコンにBluetooth通信で取り込むことも可能なので、面倒なケーブル接続などは不要です。

万が一の時のための定期セルフテスト
バッテリーや内部電子回路などは毎日セルフテストされ、アラームでおしらせしてくれるので、本当に必要なときに困った、というような状況を避けられるのは嬉しいです。

[カルジオライフ AED-2150/2151]
カルジオライフ2150/2151の特徴
引用元:日本光電公式HP
http://www.nihonkohden.co.jp/
iryo/products/resp_resus/
def/aed2150.html
価格/463,000円(税別)
AED本体、キャリングバッグを含む※バッテリーパック NKPB-28271:36,000円、使い捨てパッドP-530:6,800円

音声ガイドと液晶画面で徹底サポート
音声ガイドに加えて本体に搭載されている液晶画面には、わかりやすいイラストとメッセージを表示。音声ガイドだけでは不安という方や、音声ガイドが聞き取りにくい場所でも救命ができるようサポートしてくれます。簡単操作が特徴的なAEDであるため、操作に慣れていない方や耳が不自由な方でも充分取扱いできます。
電源をつけると自動的に始まる100回/分の動作音に合わせるだけで胸骨圧迫ができます。本当に本体の指示に従って動くだけなので、初心者の人にこそ常備しておいてもらいたい商品。

セルフチェック機能付き
忘れがちな本体・電極パッドの使用期限やバッテリー残量の確認は、毎日の自動でチェックしてくれるので安心。
付属の電極パッドは、救急車搭載型除細動器やマニュアル型除細動器に引き続き接続できるため、迅速な救急搬送が可能です。

持ち運びに便利&簡単データ保存
重量は2.6kgで防塵・防水性を備えているので、過酷な状況下でも使用可能です。電極パッドは使い捨てなので、そこだけ注意しましょう。
心電図波形、イベント情報などの救助データは最大3件90分まで保存することが可能で、Bluetooth通信で送ることが可能。

 

 

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED無料レンタル
体験レポート