HOME » 業種別でみるAED導入事例集

業種別でみるAED導入事例集

業種や施設別にみるAEDの導入事例と口コミ評判

最近、いろいろな場所で見かけることが多くなってきたAEDですが、本来どのような業種や施設に設置すればより効果があるのかを導入事例をもとに調査しています。

ひとつの指標となるのが、日本循環器学会AED検討委員会と日本心臓財団が発表している提言が参考になります。その中でポイントを抜粋するならば、「心停止リスクの高い場所」「人が多く集まるところ」「救助する人が多い」「救急隊の到着まで時間がかかるところ」などが挙げられます。

また厚生労働省からも「AEDの適性配置に関するガイドライン」で、具体的にAEDを設置すべき場所が以下の通りまとめられています。

このカテゴリーでは、その中でもニーズの高さが予測される「介護・福祉施設」「一般企業」「学校・自治体」「宿泊施設」「乗り物」「工場」「医療機関」「マンション管理組合」「イベント・お祭り」「商業施設」をそれぞれとりあげて、AEDの導入が必要とされる理由について解説していきましょう。

介護・福祉施設 一般企業
AEDの導入が進んでいる介護施設や老人ホーム。蘇生した事例も多く、さらに導入が進んでいくとみられます。 緊急時の対策のほか、企業のイメージアップにも繋がるという理由も叶ってAEDの導入が進んでいます。
介護・福祉施設への導入事例をみる>> 一般企業への導入事例をみる>>
学校・自治体 宿泊施設
昨今、地域住民を守るという観点から学校などの教育機関・自治体にも積極的に導入が進んでいます。 利用者に安心感を与えることにもなるAEDの導入。実際に設置を行った宿泊施設の事例や口コミを紹介しています。
学校・自治体への導入事例をみる>> 宿泊施設への導入事例をみる>>
乗り物系 工場系
飛行機や新幹線など、走行中であればすぐに止まることができない交通機関にもAEDの導入が求められています。 実際に事故などが多い工場。年配者の方も多く務めていることもあってAEDの導入が推奨されてきています。
乗り物系への導入事例をみる>> 工場系への導入事例をみる>>
医療機関 マンション管理組合
救命に関して専門的な設備が備わっていない歯科医院などの医療機関においても、いざという時のために導入が進んでいます。 住民へのサービス、イメージアップなどの観点からも積極的な導入が推奨されているマンション管理組合の導入事例を紹介します。
医療機関への導入事例をみる>> マンション管理組合への導入事例をみる>>
イベントやお祭り 商業施設
意外に軽視されがちなイベントやお祭りごとでのAEDの導入。大人数が集まる場所へのAED導入が進んでいます。 ガイドラインでも大規模な商業施設ではAED設置が推奨されていて、実際に導入している施設は増えてきています。
イベントやお祭りへの導入事例をみる>> 商業施設への導入事例をみる>>

それぞれの導入事例や口コミ情報も可能な限り集めてみましたので、ぜひこれから導入予定の方は参考になさってください。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート