HOME » 業種別でみるAED導入事例集 » 乗り物系

乗り物系

人が多く集る移動機関である乗り物系へのAED導入

飛行機など乗り物の画像

飛行機や列車、バスなどの乗り物は、一旦移動を始めてしまったらなかなか簡単に止まることができません。もし万が一そのような場で心肺停止に見舞われるようなことがあれば、救命の可能性が限りなく低くなってしまいます。

首都圏を走る電車など、緊急停止をしてスグに対処できる場合はそれでもよいですが、なかなか駅間が遠い地方や飛行機で空の上だったりすると、一分一秒を争う事態にとてもではありませんが対処できないでしょう。

こうした緊急時に、乗り物といった環境的な要因によるリスクが高い場所にこそ、AEDの設置・導入が求められています。

ちなみに日本で初めてAEDが導入されたのは飛行機内です。

飛行機など、乗り物系への導入事例

国内外の航空機内にAEDが搭載されはじめたのは1990年代以降です。日本でも2001年10月に日本航空国際線にAEDが搭載されたことをかわきりにして、航空機を含む公共の場所へのAED設置が普及しはじめました。これにより客室乗務員らが救命する事例が相次いで報告されています。

また高速バスなどにもAEDが常備されることが多く、もし必要になる事態となれば、直ぐにバスを停めてAEDが使用できるようにしている事例も見受けられました。

これは貸切バス運賃制度の見直しなど、価格競争の激化が業界事情としてあるなかで、顧客サービスを見直した結果、安心・安全への取り組みとしてAED導入に踏み切った会社もあります。

口コミ評判

乗務員とバス会社スタッフによるAED処置で命が救われた!/京成バス・千葉県船橋市
40代の女性が社内で突然心肺停止状態に。様子を見ていた別の乗客が運転手に連絡。現場が京成バスシステム本社に近かったため、無線で本社にAEDと119番通報を要請し、救命措置をしました。本社からAEDを持って駆けつけたスタッフが即座にAEDを装着。救急隊員が駆けつけるまで、胸骨圧迫と人工呼吸を共に繰り返し、一命をとりとめることができました。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート