HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » AED選びに失敗しないためのポイントとは?

AED選びに失敗しないためのポイントとは?

AEDの選び方がわからない人が注意して見るべき5つのポイント

1.誰もが使いやすい操作性・軽さ

AEDは「誰もが使いやすい」ということが大きなポイントとなります。AEDがあったのに実際に使用されなかったという事例があることから、AEDを導入しても使いこなせなければ意味がないとわかります。

操作性はもちろん、重さも重要なポイントです。片手で運べる軽量タイプのものから、両手で持ってもずっしりと感じるものまで種類はさまざま。成人男性だけでなく、女性や未成年者や子どもが操作する可能性もあるため、なるべく軽くて簡単に運べるものを選ぶのがおすすめです。レジャーや登山の際に持ち運びできる軽量タイプから、設置型BOXの中にあるAEDでも簡単に持ち運べるタなど、多く展開されています。

2.互換パッドがついている

救急車に標準搭載されている除細動器と互換できる除細動パッドつきのAEDを選ぶと良いでしょう。このタイプは救急隊員が到着したあとスムーズに引き継ぎできるメリットがあります。

3.日本語以外の言語機能がある

AEDを使用するのが日本人だけとは限りません。万が一の事態が起きたとき、周りに日本人が居なくても使用できるように多国籍言語に切り替えられる機種を選んでおいたほうが良いでしょう。とくに空港やホテルなど、外国人が多い場所に施設に導入するなら抑えておきたいポイントです。

4.信頼できるメーカーである

AEDは人の命を扱うものなので、生産国や対応力、知名度などの信頼性も重視して選びたいところ。日本製のAEDなら、サポート体制が充実しているものが多いです。24時間365日対応してくれるコールセンターを設けている日本製のメーカーを選べば、あわてずに落ち着いて使用できるでしょう。

5.耐久性や保証機関は充実しているか?

AEDはリーズナブルなものからハイクラスまで、さまざまな価格帯で流通されています。販売価格をチェックするのはもちろん、購入後の耐久性やAED本体の保証期間などをチェックして、ランニングコストを抑えられる機種を選ぶのが賢い選択です。

AEDの選び方をふまえてチョイスした機種ベスト3

AEDを選ぶときに重視したい5つのポイントや注意したい点を踏まえたうえで、おすすめのAEDをピックアップしました。

メーカー CUメディカル 日本ライフラン オムロン
商品画像 CUメディカル:CU-SP1 日本ライフライン オムロン
商品名 CU-SP1 カーディアックレスキューRQ-5000 レスキューハートHDF-3500
価格 198,000円 300,000円 236,800円
重量 2.4kg 2.1kg 1.1kg
販売会社 AEDコム 日本ライフライン キャノン
多言語対応 - -
防塵・防水 IP55 IP55 IP56
航空法対応
寒冷地対応 - - 保管時のみ-10℃~50℃に2日間対応
子どもへの利用
保証期間 5年間 5年間 5年間

CUメディカル

AED・心電図の専門医療機器メーカーとして一目を置かれている、株式会社CUが開発・製造を一貫して担当。安心と信頼製が高く、多くの施設で採用されている機種です。電極パットは1枚式で使い切り。本体は軽量タイプで持ち運びがしやすいのはもちろん、機能面も充実しており、AEDのなかでもリーズナブルに導入できます。

最安価格198,000円

CU-SP1の画像

引用元:CUメディカル公式HP(http://www.japan-cu.com/m21_view.php?page=1&div=1&idx=24)

日本ライフライン

35年以上医療機器産業に携わっている、老舗メーカー開発によるAEDです。法人・団体向けの機種で、レンタル対応可能。AEDの中でも比較的価格帯がハイクラスですが、安定の国産機種で信頼性が高いことで注目されています。USB・Bluetoothでのデータ送信にも対応。

最安価格300,000円

RQ-5000の画像

引用元:日本ライフライン公式HP(http://www.aed-rescue.com/products/products.html)

オムロン

電子体温計でお馴染みのオムロンを取り扱う、キヤノンが開発。誰でも使える、初めてでも落ち着いて使えるAEDをコンセプトに開発した機種です。操作方法がいたってシンプルなのも魅力的。AEDの中でも特に軽量タイプで、1.1kgと女性や子どもでも持ち運び・利用が楽にできることに注目されています。

最安価格236,800円

HDF-3500の画像

引用元:オムロン公式HP(https://www.aed.omron.co.jp/product/)

AEDの選び方と合わせて覚えておきたい注意点

「AEDを街中で見かけた」という人はたくさんいます。駅や空港などの交通機関の施設や、役場や市民会館などの公共施設、学校、大型商業施設、あるいは自分の職場で見たという人もいるでしょう。AEDは心停止などが起きた時に電気ショックを与えて救命措置を図るのにとても効果がある機械です。AEDが普及する前は救急救命士を待たないと電気ショックなどの措置は行えませんでしたが、AEDの登場で一般市民でも現場に居合わせた人が命を救えるようになってきました。

一例をあげると、少し前の愛知万博では、会場内で発生した心停止5件中AEDの使用などによって4件が救命に成功しています。こうした例を見るとAEDの設置がどれだけ救命に有効かが理解できますが、AEDに関する知識が不十分だと救える命も救えません。AEDの選び方と合わせて、使用上の注意点も確認しておきましょう。

1.成人モードと小児モードを兼ね備えているAEDを選ぶ

AEDには成人用と子ども用があります。また、1つのAEDで成人モードと小児モードを兼ねるものもあります。AEDを選ぶ際は、成人と小児の2つのモードを備えているものを選んだほうが良いでしょう。また、職場や仕事に関係する場所にもし小さな子どもが多くいる場合は、AEDを使用する前に必ず成人・小児モードの確認を行ってください(※小児モードの対象は0歳~6歳までの未就学児の子ども)。

もし未就学児が心停止を起こしたとき現場付近に小児用モードを備えたAEDがなかった場合、成人用のモードで処置を施すことは可能。ただしあくまでも、やむを得ない場合の処置です。

小さい子どもにとって電気ショックは強い刺激となるため、子ども用のAEDは成人用のエネルギー量の3分の1から4分の1程度になっています。

子どもに対して成人モードをそのまま使うことが推奨されてはいないのと同様、成人に対しても小児用のAEDは使うべきではありません。エネルギー不足できちんと除細動できる確率が低くなるためです。

2.AEDを設置するのと並行して救命講習を受講する

AEDは電気ショックを通して患者の蘇生を図る便利な救命道具ですが、だからといってAEDで全てが済むわけではありません。AEDに加えて胸骨圧迫などの手動救命手段も講じる必要があります。

一般財団法人「日本AED財団」によると、胸骨圧迫をすると救命率は2倍になり、さらにAEDを加えることで救命率は6倍にまであがります。しかし残念なことにAEDが全てであると感じている人は少なくないですし、そのAEDでもまだまだ十分に利用されていない現状があります。財団の調査によれば、倒れたところを目撃された心停止の件数のうち約半数は心肺蘇生の措置を受けておらず、AEDの電気ショックが実施されたのはわずか4%にも満たないそう。

突然の心停止という緊急事態に備えるためには、AEDを設置するのと並行して救命講習を受講することが非常に大事です。実際に設置しようとしているAED機器を使っての講習は、いざ心停止が起きた場合に備えてのリアルな訓練になります。AEDの取扱業者の中には救命救急の講習会を案内しているところもあるので、講習会の内容を踏まえてその場に適したAEDを選ぶといいでしょう。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED無料レンタル
体験レポート