HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » レンタルと購入の比較

レンタルと購入の比較

一般的に見ていくと、AEDで多い契約方法は購入とレンタルの2種類になります。その他にもリースという方法がありますが、AEDには耐用年数がありますので、長期間の契約でメリットが大きいリース契約は不向きなので、ここでは除外しておきます。

AEDを購入するメリットやデメリット

購入する際の最大のメリットは、トータルで見てコストがレンタルする場合と比べると安くなることでしょう。機種選定も自由に用途にあわせて好きに選ぶことができます。

どうしても最初に購入費用の負担が大きくなりますが、分割払いなどを利用すれば費用負担の点での問題はクリアできると思います。

一般的に言ってAEDを購入する場合の価格は15万円〜30万円前後くらいが相場でしょう。

ただ購入する場合は、AEDの維持費用や管理方法に注意。メンテナンスについてはレンタルやリースと違い、全てを購入者が管理することになります。

ですから購入は「価格はなるべく安く抑えたい」「使用期間は長期間にわたる」という人向きでしょう。さらに保険加入が自由であるのもメリット。

法人で利用する場合は、税金部分が減価償却に当てられる点も魅力です。

AEDをレンタルするメリットやデメリット

レンタルは最も手軽にAEDを設置できる方法です。希望する期間だけ借りることができますし、使用目的に添って必要な時だけ設置できます。

維持費用やメンテナンスについても月々のレンタル料金に含まれているので、契約者はなにも特別なことを手配する必要がなく、ストレスフリーでAEDを常備できるでしょう。

ただ長期間レンタルすればするほど、それに伴うレンタル費用がかさんでいくのがデメリットになります。またレンタル会社によっては保証金がかかってしまう場合もあります。

だいたい毎月5,000円〜6,500円くらいの費用がかかるはずです。

レンタルでのAED設置をお考えなら、使用期間が短期〜中期の場合だとメリットがあるように思えます。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート