HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » レンタルと購入の比較

レンタルと購入の比較

 

一般的に見ていくと、AEDで多い契約方法は購入とレンタルの2種類になります。その他にもリースという方法がありますが、AEDには耐用年数がありますので、長期間の契約でメリットが大きいリース契約は不向きなので、ここでは除外しておきます。

AEDを購入するメリットやデメリット

購入する際の最大のメリットは、トータルで見てコストがレンタルする場合と比べると安くなることでしょう。機種選定も自由に用途にあわせて好きに選ぶことができます。

どうしても最初に購入費用の負担が大きくなりますが、分割払いなどを利用すれば費用負担の点での問題はクリアできると思います。

一般的に言ってAEDを購入する場合の価格は15万円〜30万円前後くらいが相場でしょう。

ただ購入する場合は、AEDの維持費用や管理方法に注意。メンテナンスについてはレンタルやリースと違い、全てを購入者が管理することになります。

ですから購入は「価格はなるべく安く抑えたい」「使用期間は長期間にわたる」という人向きでしょう。さらに保険加入が自由であるのもメリット。

法人で利用する場合は、税金部分が減価償却に当てられる点も魅力です。

AEDをレンタルするメリットやデメリット

レンタルは最も手軽にAEDを設置できる方法です。希望する期間だけ借りることができますし、使用目的に添って必要な時だけ設置できます。

維持費用やメンテナンスについても月々のレンタル料金に含まれているので、契約者はなにも特別なことを手配する必要がなく、ストレスフリーでAEDを常備できるでしょう。

ただ長期間レンタルすればするほど、それに伴うレンタル費用がかさんでいくのがデメリットになります。またレンタル会社によっては保証金がかかってしまう場合もあります。

だいたい毎月5,000円〜6,500円くらいの費用がかかるはずです。

レンタルでのAED設置をお考えなら、使用期間が短期〜中期の場合だとメリットがあるように思えます。

AEDの購入とレンタルを詳しく比較する

  購入 レンタル
機種選定の幅 自由 限定的
点検・メンテナンス 購入者 レンタル会社
イニシャルコスト 機種代が発生 機種代が発生しない
ランニングコスト 随時発生するが安価 定額料金が発生
トータルコスト 割安 割高となる

AEDを購入する場合とレンタルする場合についておさらいですが、前段でご紹介をしたように購入する場合の利点は総合的なコストを格段に抑えることができることです。一方レンタルする場合の代表的な利点として購入することに比べ手軽にAEDを設置が可能という点です。レンタルと購入の各項目についてもう少し詳しく比較してみましょう。

機種選定について

購入すれば自由に機種は選べますが、レンタルは限られた機種の中から選ぶようになります。レンタル先が用意している機種から選ぶことになります。

価格と支払い方法について

購入することを前提すれば安く(トータルで)なりますが、レンタルだと高めになります。購入の場合支払い方法は自由(購入先による)ですが、レンタルは月額性が設定されています。

そしてレンタルの場合、中途契約を選択可能である一方、期間設定でレンタルしていた時は中途解約の際にキャンセル料の様な何かしらの料金が発生してしまうこともあります。一見レンタルは非常に不利に見えますが、保守や廃棄は全てレンタル会社が行うのでその点に関しては購入するよりもメリットがあります。

トータルコストは?購入/レンタルの価格シミュレーションを見る

AEDレンタルと購入の決定的なメリットとデメリットとは

前段でご説明したようにレンタルと購入では所有者が異なるのでレンタルはレンタル会社が保守・廃棄を行います。購入するとトータルで費用は安くなりますが、保守や廃棄は購入者自身が行う必要があります。

逆にレンタルで注目すべき便利な点は消耗品の交換も、AEDをレンタルしていれば、バッテリー類はレンタル会社が自動的に送ってくれ、かつ使用済み電極パットなどは無償で交換してくれる場合もあります。

購入した場合、消耗品の使用期限が来るとお知らせはしてくれますが、全て自己負担になります。手配や交換の手数はどちらも変わりませんが、その都度支払うか1か月のレンタル費用に含まれるかの違いがあります。

トータルでAED費用を考えた場合、購入すると一括で支払う必要が出てきます。消耗品も同様でその都度支払わなければなりません。一方レンタルなら決まった料金を一定額支払い、一定額で設定することが可能です。ただしトータルで考えるとレンタルは購入に比べてランニングコストがかかることが多いようです。次にそれを金額で比較してみました。

AEDをレンタルしたときと購入したときの価格を実際の機種で比較検討してみると…

ご紹介例は一例にすぎませんが、購入とレンタルを比較するとやはり購入のほうが月額換算では安くなることが多いようです。また購入時に値引きをしてもらえることもあるので、実際には購入したほうがトータルで安くなると考えて良いでしょう。

一方でレンタルは手軽に設置できて、レンタル会社がサポートをしてくれるのでメンテナンスもしやすいのが特長です。ただしレンタル会社が色々なサポートをしてくれるということはトータルでは購入するより高くなります。またレンタルならではのメリットとしては、24時間の対応(大手警備会社経由でレンタルした場合など)をしてもらえるなど、実際に使用する際に安心感があります。

一方で購入するとコスト面では安くなりますが、全て自己責任(管理者責任)となるので注意が必要になります。

ここでご紹介した内容はわかりやすく比較しましたが、実際にレンタルと購入の差をメリットと感じるのか、デメリットと捉えるのかはその方によって変わります。

またレンタルを行っている会社によっても付帯サービスがそれぞれ異なるので、最終的にどこまで責任を持ってAEDを設置するかをよく考え、費用対効果も十分に加味して考えることが大切です(ここでご紹介した内容や費用に関しては2017年3月現在のものです。費用やサービス内容に関する詳細確認はレンタル会社・購入会社にご確認ください)。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート