HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » 消耗品の事

消耗品の事

消耗品にも費用はかかる

AEDは購入したり、レンタルして設置しておけばそれで済むものではありません。

定期的なメンテナンスや消耗品の交換をして、常に万全の状態で使用できるようにしておく必要があります。

AEDのメンテナンスや消耗品交換については、厚生労働省からも適切な管理が義務づけられています。交換時期などは機械に交換時期を示すラベルを貼って、忘れないようにしてください。

メンテナンスは機械本体にセルフメンテナンス機能が付いている製品が多く、自動的に毎日使用可能かどうかをチェックしています。

ですから日々の管理は、AEDのインジケーターを確認するだけで問題ありません。

AEDの消耗品は主に電極パッドとバッテリー

[電極パッド]
電極パッドは一度使用すると再利用ができないため、使い捨てになります。また使用していなくても、パッド部分の粘着性の素材が乾燥してしまい、十分な除細動効果が得られなくなってしまうため交換が必要です。

有効期限は製品にもよりますが、だいたい18ヶ月前後の場合が多いようです。ちなみに電極パッドは未使用ならそのまま不燃物として処理できますが、使用品は医療廃棄物になるので、各自治体の処分方法に従ってください。

[バッテリー]
除細動処置を行なわずにスタンバイしている状態で、待機寿命は2〜4年くらいの製品が多いようです。

バッテリーの破棄方法も、各自治体によって異なりますので、ご自身の住まう地域に確認してください。

電極パッドとバッテリーの交換にかかるコストは、5年間未使用だと仮定すれば、電極パッドを3回・バッテリーを1回交換で算出すると、だいたい5万円〜8万円くらいの維持費を見込んでおけばよいでしょう。

メンテナンスシートでの日常点検は必須

AEDの設置管理責任者は、点検担当者を配置して、日常点検を実施しなければなりません。

AED本体が正常に使用可能な状態であることを示しているOKインジケーターを毎日確認し、メンテナンスシートに記録を記入して、保管することが求められます。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート