HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » 家庭でも設置できるのか

家庭でも設置できるのか

一般家庭用にもAEDは設置すべき理由

AEDはどちらかと言えば公共施設や人の多いところに設置されているイメージがあると思います。しかし時代の移り変わりと共に、AEDを家庭用に個人所有する時代へと移り変わってきました.。

実は個人宅などの一般家庭で心停止する人が6割近いという調査結果からもわかるとおり、AEDは本来家庭用として備えておくべきものなのです。個人でAEDを所有していれば、助かる命があるということを考えると、真剣に家庭用のAED設置を検討するべきではないでしょうか。

一般家庭用ならリーズナブルに販売されているAEDで十分です。
AEDが家庭用での普及を阻害する原因のひとつに、高価格な点が挙げられます。相場をざっと調べてみましたが、平均的な価格は30万円前後で販売されています。これではなかなか手がでませんよね。

もし一般家庭用や個人所有でAEDを使うなら、ここまで高価なものははっきり言って必要ありません。自分が必要とする最低限の機能を備えた機種を選べば、価格もリーズナブルに抑えられます。なかには15万円前後の機種もあり、こうした価格帯のものは家庭用として充分機能してくれるでしょう。

選ぶ上では、室内使用なので防塵・防水性能はなくても構いません。持ち運び距離が少ないなら多少重量があるタイプのものでも良いので、価格優先で考えてみてください。ただ、心肺蘇生(心臓マッサージ)の方法をアシストしてくれる機能であるCPRコーチング機能は、付いていると便利です。

AEDは購入すればそのままずっと使用できるものではありません。大体5年〜7年くらいが耐用年数です。だからこそ家庭用なら安価なタイプでもOKでしょう。

医療費控除が認められる可能性も!家庭用のAED設置

心室細動を起こす可能性がある心臓病を患っている方が、医師の指示・処方を受けて自宅にAEDを常備するケースも徐々に増えてきました。

こうした場合には、医療費控除が認められる可能性があります。ポイントは医師の指示・処方に基づきAEDを購入もしくはレンタルしている時です。医師が必要と認めたのであれば、所得税法が規定する医療費控除の対象になる可能性が十分あります。

実際に控除の対象になるかどうかは、住まいのお近くの税務署に確認してみてください。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート