HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » AEDの必要性について

AEDの必要性について

AEDは命を助ける医療機器

名前は知っている方も多いAED。それだけ世の中に普及してきているのでしょう。ただ、それがどういうものかを正しく理解している人は、まだまだ決して多いとはいえないのが現状です。

AEDとはAutomated External Defibrillatorの頭文字をとった略語です。日本語でいうなら「自動体外式除細動器」と訳します。

心臓発作を起こした人の心臓が震えている状態の時に電気ショックを与えることで、自動的に心臓の働きを正常に戻すための機械です。

救命確率が飛躍的に向上!

人は心臓が停止した場合は数分、呼吸停止の状態が5分以上過ぎると死亡率が50%以上になってしまうと言われています。心停止は突発的な事故だけでなく、心不全、心筋梗塞、心臓震盪、狭心症などが原因で起こります。

やっかいなのは予兆もなく、突然訪れることがあるからです。

心臓が完全に停まってしまう前に、わずかながらに心臓が痙攣したように状態になります。そして数分で完全に動かなくなり、死へと至ります。

この心室細動状態の時、2分以内にAEDを使うことで実に救命確率が80%以上になることからも、AEDの必要性は実証されているのです。

よく心肺蘇生法として、人工呼吸や心臓マッサージを行いますが、これは心筋や脳の機能を甦らせたり、保つためには有効な方法です。

しかしながら心室細動から正常なリズムには戻せない欠点があるのです。この時、心室細動に対する唯一の効果的な治療法はAEDを使っての処置で、できるだけ素早く除細動を行なわなければなりません。

つまり、心臓発作から確実に命を救うためには、早期のAED使用が一番効果を発揮する方法なのです。

実はAED自体は1950年代からありました。ただその頃は医者や救急救命士だけに使用が認められていました。

厚生労働省から一般の人でも使用許可が認められたのは、2004年からです。わずか10年ちょっとで、病院に搬送されるまで処置できず失われてきた命が救われるようになったのです。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート