HOME » AED・救命講習会について » 講習会で取れる資格の事

講習会で取れる資格の事

救命講習やAED講習会で救命のための知識や技能を学んだ人には、消防長によって認定される資格認定証が交付されます。

救命技能認定証

AED講習会で初歩的な救命資格が身に付く

心肺蘇生やAED、異物除去、止血法などを学ぶ普通救命講習やAEDの知識確認と実技の評価を加えた自動体外式除細動器業務従事者講習を受講すれば発行されます。

講義は実技中心になります。3時間くらいあるうちで座学は1時間程度。あとは胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの実技を学んでいきます。

この認定書自体には有効期限は決められていませんが、認定証の交付を受けた日から概ね3年くらいを目処にして再講習の受講が奨励されています。

費用については各自治体によって様々です。ちなみに東京都の場合は、交付には費用が1,400円かかります。なかには無料で普通救命講習の受講をすれば認定書がもらえる自治体もあります。

上級救命技能認定証

さらに充実した救命資格を習得

救命技能講習で学んだ内容に加え、乳幼児の心肺蘇生法や傷病者の管理、大出血時の止血法、搬送法といったより幅広く、専門的な内容の救命講習を修了した人には、上級救命技能認定証が交付されます。

各自治体の市役所や消防署で講習が実施されています。受講資格の年齢制限や実務経験などは特に定められているわけではありませんが、基本は受講する地域に在住していたり、通勤・在学している人を対象にしています。

講習時間は8時間。受講方法ですが、東京都を例に挙げるとだいたい6ヶ月前~3日前までに講習の予約を入れます。

もし期日の予約定員が埋まっていればその前に締め切られてしまうので、余裕をもって予約してください。

ちなみに上級救命技能講習は、普通救命講習などのステップを踏まずとも受講することができます。というのも上級救命技能講習には、普通救命技能講習で学ぶ内容が網羅されているからです。

受講時間自体は4時間くらい多く差がありますが、どちらも結局は1日かかると考えれば、はじめから上級救命技能認定証をとっておいても良いかもしれません。

費用は東京都の場合2,600円がかかります。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート