AED導入の手引き » AED販売会社ガイド » セコム

セコム

セコムの画像
引用元:セコム(http://www.secom.co.jp/business/medical/aed.html)

セコムが提供している安心のAEDパッケージサービス

防犯対策やセキュリティを提供していることで有名なセコムでもAEDを扱っています。販売とともにレンタルをしていますが、どちらかと言えばレンタルに力を入れているようです。

総コストで見れば購入する方がオトクですが、どうしても導入時にかかるコストが高いため、手軽にAEDを導入するのであればレンタルの方がおすすめです。

取り扱い機種を見てみる>>

セコムAEDパッケージサービスならば、AED機器一式をレンタル方式で提供。さらに消耗品の交換時期などは、セコムで一括管理してもらえるメリットがあります。

使用後の消耗品交換費用などもパッケージに含まれているそうです。万一の盗難、破損、故障時でも無料で交換してもらえます。

アフターサービスや講習会などのサポート

24時間365日オンラインネットワークで、機器異常や消耗品の交換忘れをチェックしています。さらにセコムの講師が講習会やインターネット経由の学習会でAEDの扱い方などをサポートしています。

取扱機種

セコム AED3100
引用元:セコム(https://www.secom.co.jp/business/medical/aed_charge.html)

AED3100
特徴 一般施設向けを想定して設計された、成人・小児モード切替スイッチを搭載したAED製品です。電極パッドを交換することなく、モードを切り替えるだけで簡単に小児にも成人にもAEDの使用が可能になるため、一刻を争う際にもスピーディな対応が可能となります。心臓マッサージの適切なテンポはリズム音でしっかりとガイドしてくれるため、専門知識のない一般人でも救命が行えます。最短8秒の短時間で心電図解析から充電までを完了できるなど、迅速性に富んでいます。
医療機器承認番号 22700BZX00187000
商品価格 5年契約月額 6,000円(保証金20,000円)

セコム AED3150
引用元:セコム(https://www.secom.co.jp/business/medical/aed_charge.html)

AED3150
特徴 一般施設向けに開発されたAED製品であり、音声ガイダンスに加えてからー画面表示でも操作方法をガイドしてくれる機能を持ちます。画面表示によるガイドはわかりやすさを重視したものであり、一般人でも気軽に使用可能。騒音環境下でも使用できる点が強みで、繁華街や商業施設などでも的確にフォローします。自己診断機能により本体や消耗品の異常をチェックする他、心電図が正確に解析できない場合には音声で警告が促されます。
医療機器承認番号 22700BZX00187000
商品価格 5年契約月額 6,600円

セコム AED3151
引用元:セコム(https://www.secom.co.jp/business/medical/aed_charge.html)

AED3151
特徴 医療従事者や消防機関向けに開発・設計されたAED製品です。画面に心電図を表示するタイプであり、電極パッドを体に張り付けることで正確な心電図が表示されます。音声ガイダンスに加えてカラー画面表示でも操作方法がフォローされ、専門知識のない人でも使用することは可能。心肺蘇生などの手順はガイドライン2015に準拠したものであり、傷病者の状態を的確に読み取って音声で警告が促されます。自己診断機能により本体や消耗品のチェックも可能。
医療機器承認番号 22700BZX00187000
商品価格 5年契約月額 7,100円

※レンタルの場合は保証金20,000円が必要。契約期間は5年でそれ以降は1年毎の契約更新。
※購入の場合は別途バッテリーや電極パッドなどの消耗品を購入する必要があります。

セコムのAED口コミ情報

AED単体だけでなく、セキュリティ面でセコムを利用しているならば、一括して相談できるので便利です。

レンタルでAEDが導入できるので、とりあえず設置したいならば予算もリーズナブルに抑えられます。

大手警備会社だけあり、年中無休の24時間サポートが受けられ、万が一の時も安心です。

会社概要

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED無料レンタル
体験レポート