HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » AEDの使い方

AEDの使い方

AEDの手配と同時にまずは心配蘇生法で救命処置

心停止などで倒れている人を見かけたらまずは近くの人にAEDの手配をすると同時に、心配蘇生法を試してみてください。

この時は主に傷病者の気道を確保してあげること。そして呼吸をしているかどうかを確かめてください。

正常に呼吸をしていなかったり、息が浅い場合は、人工呼吸によって息を吹き込みます。平行して心臓マッサージ(胸骨圧迫)をして、全身に血液を送るようにしてあげます。

ポイントは心臓マッサージを30回連続で行なった後に、人工呼吸を2回行うことです。AEDや救急隊が到着するまで続けて行ないましょう。

簡単に使えるAEDの使用方法・手順

AEDには様々な種類がありますが、いまではどれも簡単に、そして初めて使う人でも安心して使用できるように設計されています。

ほとんどの機種が電源を入れると音声メッセージやランプで、使用方法や手順を指示してくれます。ですからまずは落ち着いて対処することが最も大切なのです。

AEDの使用手順

【STEP.1】…電源を入れる
AEDの種類によってはフタをあけると電源が入るものがあります。

STEP.2…心停止している人のカラダに電極パッドを貼る
胸をはだけ、心臓を挟むようにして2箇所に電極パッドをシールから剥がして貼付けます。貼る位置は電極パッドに絵で示されています。

STEP.3…心電図を機械が確認します
コネクターを指し、パッドと機械がつながると自動的に心電図の読み取りが始まります。除細動が必要な場合はそれに即したメッセージが流れ、充電が開始されます。

STEP.4…電気ショック
充電が完了すると、「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが出るでしょう。続いてショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。

この時、周囲の人を遠ざけます。ショックボタンを押す際は、必ず自分も傷病者から離れること。電気ショックが加わると、傷病者のカラダや腕が痙攣したようにビクッと動きます。

STEP.5…心配蘇生法の再開
電気ショックが完了後、機械から「ただちに心臓マッサージを開始してください」などの音声メッセージが流れます。ただちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)の再開です。

STEP.6…AEDと心肺蘇生法の繰返し
胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを5サイクルほど行なう心肺蘇生法を再開してから2分経ったら、AEDは自動的に心電図を読み取ります。

以後は心電図の解析と電気ショック、そして心肺蘇生法の再開の手順を約2分おきに繰り返していきます。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート