HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » AEDの使い方

AEDの使い方

AEDを使う前に行うこととは?

周囲で誰かが倒れたのを発見した時、救命措置の知識が身についていない場合、まずは119番に電話しなければ、と判断すると思います。

ところが、救急車は119番の電話があってから現場へ着くのは消防庁のデータによると平均で8.3分もかかるという結果が出ています。

 

倒れた原因が心臓発作だった場合、心肺停止し始めてから2分以内に心肺蘇生すると、助かる確率は90%程度という結果が出ているのですが、4分経つと50%と、時間が経過すればするほど助かる確率は下がります。

心配停止の状態で倒れている方を見つけた場合は、AEDの手配と同時に心配蘇生法を試してください。

次に、心臓がきちんと動いているかどうか、首もとや手首の様に脈を感じやすいところを触ってみてチェックしましょう。もし心臓が動いておらず、呼吸もしていないのであれば、ただちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を連続で30回、ならびに人工呼吸を2回、交互に行っていきます。その際、心臓マッサージは垂直に圧迫するように、地面が平らで固いところで行うようにしましょう。

救急車が到着するまで続けることが重要で、このようないざという時に救命措置の講習を受けていることが望ましいでしょう。

AEDの使用方法や手順について

いざという時でも誰でも稼働できるようにと言うことを考慮し、AEDは色々な種類がありますが、どれも簡単に使えるように設計されています。

多くのAEDはスイッチを入れると、音声のメッセージやランプ表示で使用方法が分かる様な仕組みになっています。機種によってはフタを開いただけで電源が自動で入るというもの存在します。

 

そして心肺停止状態の方の身体に電極パッドを貼り付けます。取り付け方は胸部分をはだけさせて、心臓を挟むように電極パットを2か所貼り付けます。

正しく貼り付ける箇所についてはAEDに示されていますので、きちんと確認をしましょう。電極パッドと機械本体がつながると、心電図の読み取りが自動的に開始されるようになります。除細動(電気的刺激または薬物などの外的な力によって正常な状態に改善する方法でこの場合は電気ショック)が必要とAEDが判断した場合はメッセージが流れ充電が開始されますので、それが完了するまで待機の状態でいましょう。

充電が問題なく終了し次第、音声アナウンスで「ボタンを押してください」のような指示が流れるので、あわてないようにメッセージに従いながらボタンを押して電気ショックが流れるようにします。この際、感電する恐れがあるため、周囲の方やご自身も電気ショックを与える方から離れることを忘れない様にしましょう。

それが終わると今度は、「心臓マッサージを開始してください」のような音声メッセージが流れますので心臓マッサージ30回と合わせて人工呼吸2回を1セットとして、それを5セット行いましょう。約2分経過すると再度AEDは自動的に心電図を読み取ります。以降、心電図の解析を行いながら同時並行で、電気ショックと心肺蘇生法を何度か行っていきます。

AEDを使用するときの注意すべきポイントとは

 AEDはこのように音声で救命方法の流れを伝えてくれます。AEDは自動で心電図を解析しながら、電気ショックを行ったほうがいいのか判断をします。

必要だとなった場合は、自動的に充電がスタートします。ここで忘れてはいけないポイントとして、「ショックボタン」を押す、という行為は人が行うため、慌てないためにもきちんと準備をしている必要があるという点です。それだけは自動ではありません。

 

また、最も注意する必要があるのは、充電が自動で完了した時に、救命措置を行っている方・周囲にいる方は、決して救命措置を受けている方に触れてはならないということです。

ショックボタンは押しますが、誤って救命措置を受けている方に触れてしまうと感電してしまいます。ショックボタンを押す時は絶対触れないようにしましょう。

AEDはアナウンスが流れるのでそれに従って行います。ただし、胸元をはだけさせること、そして必ずアクセサリー類は外してください。金属製品(下着の金具類も)は感電することもあります。

服を脱がすことが難しい場合は、備え付けのハサミなどを使って服を脱がしてください。

また体毛が濃い方は服を着ているのと同じ状態のため、電気ショックが効かないこともあります。予備パッドを使って胸毛などをはがすか、AEDに救急セットが同梱されていることもあるので、そのセットにある脱毛テープや剃刀などで剃毛してあげてください。

また、身体が濡れていたら拭いてから使用します。

パットを貼る場合はイラスト通りに貼るようにします。正しく貼れていないと、火傷につながる場合があります。

また、ペースメーカーなどが埋め込まれた方は、胸部に数センチ程度の小さい傷跡があるので、そこから少し離れた場所に貼ってあげてください。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート