HOME » AED選びの前に知っておきたい基礎知識 » AEDの設置に関する基準とルール

AEDの設置に関する基準とルール

厚生労働省によるAED設置基準のガイドライン

AEDを適正に設置するためには、一般的に厚生労働省が通達しているガイドラインに則って行なうようにしてください。

これは一般財団法人日本救急医療財団の「非医療従事者によるAED使用のあり方特別委員会」において、AEDの効率的・効果的に設置するための指標となるものです。

このなかに主にAEDを設置すべき業種やAEDを配置する際に気をつけるべき点がまとめられています。

ここでは主なポイントを抜き出して紹介したいと思います。

設置場所について

効率性や効果を考えるならば、心停止の発生頻度が高くなる人が集る場所やリスクのあるイベント、救急隊の到着までに時間のかかる場所などへの設置が望ましいとされています。

具体的なAED設置が奨励されているところは以下の通りです。

AED設置にあたっての配慮すべきルール

AEDは心停止してから直ぐに処置を行なえば、それだけ蘇生率が高くなるわけですから、まずは「5分以内に除細動が可能な配置」がポイントです。

そのために普段から人目につくわかりやすい場所に設置すべきです。また誰もがアクセスできる場所であることも重要です。間違っても鍵が掛けられているようなところにあっては、肝心な時に意味をなしません。

運動場や体育館など心停止のリスクがある場所も有効です。

さらに施設案内図へのAED配置図の表示、エレベーター内パネルにAED配置フロアの明示をすること。

AEDがどこにあるのか、配置場所の周知徹底を図ることが望ましいでしょう。

AEDメーカー値段比較

AEDメーカー値段比較

AED選びに役立つ
基礎知識

AED無料レンタル
体験レポート